あきらめないで!婚約指輪

昔から婚約指輪の予算は「給料の三ヶ月分」と言われています。

仮に大卒初任給で見積もってみると、20万円×3ヶ月で60万円。

はっきり言ってあんまり現実的な数字じゃないですよね(笑)。

なんせ結婚するためには様々な出費があります。

婚約指輪だけでなく結婚指輪も買わないといけないし、結婚式もしないといけないし、新居も準備しないといけない。

アレもコレもお金を使わないといけないところは沢山あるのに、それでも婚約指輪に60万円も出費できますか?できないですよね?「給料の三ヶ月分」これはあくまで昔の理想です。

現実的には、婚約指輪の平均購入金額は30万から35万円ほどと言われています。

つまり給料の一ヶ月分か一ヶ月分プラスアルファというところでしょう。

ぐっと現実的な数字に近づいたと思いますが、これでも高過ぎると思う人は多いと思います。

なんせ地味婚が当たり前の昨今ですから、それこそ婚約指輪は無しで結婚指輪だけという人も増えているようです。

確かに婚約指輪はいつも身につけるものでもないですから、結婚にかかる費用を安くしたいと思うなら真っ先に削るべきところかもしれません。

とは言え無ければ無いで悲しいのも事実です。

そんなわけで近年では20万円前後でも購入できるようなコストパフォーマンスに優れた婚約指輪も多数販売されています。

◎素敵なデザインを探すならこのサイト・・・>憧れの婚約指輪

ハナから婚約指輪は無しと決めつけるのも寂しい話ですから、先ずは予算内でどのくらいの婚約指輪が買えそうなのか、よく検討してみましょう!